私が今でも大好きなアニメ

私が小学生の頃、とてもハマっていたアニメがあります。それは、「カードキャプターさくら」です。毎週放送があるのを楽しみにしていました。このアニメは主人公の木之本桜がある日、家の書斎で手にとった本から魔法の力があるカードがばらばらに飛び去り、そのカードを守っていた封印の獣であるケロちゃんにカードを集めるように言われ、カードキャプターになるところから始まります。桜には大切な人が沢山います。母は早くに亡くなり大好きなお父さんと意地悪なお兄ちゃんとの3人暮らしで、親友の知世やクラスの皆、後に惹かれていくカードキャプターのライバルである李小狼など様々なキャラクターに囲まれています。このアニメに惹かれる理由がいくつかあります。まず、ストーリーの中で実際にキャラクター達の学年が上がっていくのですが、それに沿って絵が大人びていくことです。時間の流れを感じさせることが、子供心に切なさを感じさせる所が良いです。また、話の内容全てが「必然」なのです。ある出来事が偶然ではなく意味があって、別のどこかで繋がっているんだという温かさを感じます。何よりキャラクターが可愛くて、学校行事での出来事にありそうでない所が羨ましかったり、コスチュームが色々あって見応えがあったり、片想いの様子にキュンとしたりなど、大人になってから青春時代を感じることが出来るような内容なので、何回読んでも何回観ても飽きないです。一番影響を受けたのは「人を想う気持ち」がどれだけ大切なのかということです。このアニメのキャラクター達がそれぞれで真っ直ぐに人を想う気持ちがダイレクトに伝わってくるので、生きていく上で本当に大切なこと教えてくれたアニメだと思います。アイキララ|効果はない?また副作用は?良い悪い口コミと一番の最安値は?